考えることサボらない

かんがえるかんがえる

一週間たたないうちにまとめましょう。Torideの経営塾「思考法ワークショップ」についてです。
ワークショップなのでブログはいいかな、と思いましたが訓練なので書きます。カキカキ。

「考える」と「思う」について。
普段何気なく使っている、「考える」と「思う」の違いについて「考え」ました。

思う、はパターン化されてて、そこから選んでる感じです。
Aの場合はこれ、Bの場合はこれ。if文、switch文1節だけみたいな。
早いし、悩まない。
感情が入るのはこちら。

考えるは、フローチャートを作る的な感じでしょうか。
いろんなルートと手順が入り混じります。
時間がかかって、悩みまくる。

普段「思う」で選んじゃってることを、ひと呼吸おいて「考える」のフィルター通して選ぶようにしたいです。
考えることをめんどくさがっちゃいけませんね。

次に、なんとはなしに使ってる「言葉」について。
話したことが正しく伝わらない、ということがあります。自分の話した内容と相手が理解した内容の食い違い。
なんで違いが起きるかというと、自分と相手で言葉の意味が同じではないからです。

言葉を相手の持っているデーターベースに合わせて、もしくは「この言葉はこういう意味です」というのを示して、はじめて正しく物事が伝わります。

何か議論するときは、思ったことをぱぱぱと口に出すのでなく、正しく伝わる内容を頭で考えてから、話に加わりたいですね。
この「考えて話す」スピードをアップしたいものです。(後から、「あ!あのときああ言えばよかったのか!」というのを減らしたい。)

これらを踏まえまして、お題「スマホは○○なので、あったら便利」という文章を参加者それぞれで作りました。
理由をちゃんとつけて、相手に伝わる文章を考えて作ります。作った後は、発表して、ツッコミを受けます。
ツッコミを受けた時も、「○○だと思います」でなくて「○○だと考えます」と、考えて理由を示して答えます。
なかなかこういう論戦(というほどでもないですが)するというのをあまりしないので、頭をぐるぐる使いました。

私は「なるべく、まるく、おさめたい」という方向に行きたくなっちゃうので、こういう訓練も必要だと思いました。

こちらのワークショップ受けてから、文章を書いていて、「思います」というのを使うのをちょっとためらうようになりました。
「思います」「感じます」を文書の最後に入れると、「自分の主観が入ってますので、参考程度にしてね」という暗黙の逃げが入るなと思いました。(でも使ってしまう。)
自信がないと、なかなか断言した文末にはできませんね。