欲しがってる人に欲しがってる物を届けるのだ!

こちらは1月に受けた講座(今日からはじめる経営学)のまとめです。(まとめるのがトロいです。)
商学その2。マーチャンダイジング。
現在は、CSV パートナーズ オープン講座 にて開講中。この内容は7月にやるはず…。

物を作っただけでは売れないよ

ただなんとなく物を作って、それを小手先で売れるようにする、ではなくて、作る段階から何が売れるか、どこでどんなふうに売るか手を打つ。

ギャップを埋める

売りたい人と買いたい人の間にどんなギャップがあって、どうしたら埋まるのか。

  • 空間的・時間的ギャップ:作った場所・時間と欲しい人の場所・時間
  • 知覚的ギャップ:商品が存在してることを知らせる。お店に並べる、広告を出す。
  • 所有権のギャップ:持ち主の交換。お店に並んでる物は買えるもの。
  • 価値のギャップ:欲しい物が何か。できあがった物が欲しいのであって材料が欲しいわけでない。
  • 品揃えのギャップ:いくつかの中から選択したい。いっぱい物が並んでる店で買いたい。

欲しがっている物は何か。それを知ってもらって、手元に届けるにはどうしたらいいか、を考える。

流通の発展

地球上のあらゆるところのいろんなものを手に入れられるようになってきた。

品切れ、というのがあんまりない。
お店の棚がガラガラ、なんてこともないし、賞味期限切れのものが並んでる、なんてこともない。
何がどこにどれだけどこに行くかってことがきっちり管理されるようになってる。

さらに、POSデータの蓄積解析によって、いつどこでどんな状況で何が売れるか、というのが予測しやすくなっている。

これってすごいことだなーっと思うと同時にこわいなーっとも思うのでした。

マーチャンダイジング

小売業が、どんな商品を扱って、どんな風に売るかを決めて管理する。

消費財の分類(サービスは入らない)

  • 最寄品:お安い。いつも買うもの。そんなに悩まず。衝動買いしても後悔しない。
  • 買回品:ちょっとお高め。衝動買いはしにくい。
  • 専門品:お高い。すごく悩んで買うもの。衝動買いはできない。

物によって、買うときの基準が違う。買うお店も違う。
人によっても基準は変わる。(石油王なら車は最寄品で家は買回品かもしれない)

ここで、なんでサービスは入らないのですか?サービスの価値は測れないのですか?という疑問がわきました。
サービスは受ける人によって価値が大きく変わる、サービスは受けるまで価値が測れない、ということらしいですが、
でもサービスに値段がついてるってことは価値が測られてその値段がついてるんだよなーっと思ったりしてなんだかいまだにもやもやとしております。
(だいぶ前のことなので記憶があいまいですが)

まとめ(3行じゃなくしました)

  • ギャップを埋めて物を人に届けるのだ!

疑問続く

物とサービスの違いにもやもやしています。

パッケージされて売っているが物で、その場で何かしら提供するとサービス…?
たとえばココイチのカレーを店舗で食べたらサービスで、持ち帰りにしたら物になる?の??
店頭販売してるたこ焼きはあれは物?サービス?
握手券付きのアイドルのCDは物?サービス?

そもそも物とサービスの違いってはっきりさせるべきなのかなーっとも思ったり。あいまいなままでいいのかな。