経営学まとめ(まとめきれてない)

どの山登るかは計画的に!

Torideの経営塾、全4回の経営学のまとめ講座でした。

4回分の講義をざーっと説明されまして、「ああ、そうそうそうこういうこと学んできました!」と思い返します。

気になったというか気に留めたことをつらつらと書き出します。

経営とは何か?

目標が達成できる正しいやりかたで行動できること。
何をするかを決めて、それが実現できるようなプロセスを考える。

講座受けるまでは、経営というと、社長さん!コンサル!偉い人!がなんか横文字専門用語いっぱい並べながら雲の上で難しいことしてるんだろなーという印象でした。

4回(+前回)分を受けて、経営って、目標決めて、目標が達成できるような計画立てて行動する、の繰り返しなんだな、てことです。
すごーく基本的なことなんだけど、それぞれをきちんとこなすのはなかなか難しい。PDCA!PDCA!
サボって実行できなかったり、そりゃ無理だろという計画立ててたり、そもそも目標自体が実現不可能なものだったり。

企業(ひとりでも企業なのですよ)経営となると、ただ自分のやりたいことだけでは目標は作れなくて(実現できなくてもいいよん、だったらいいんですけど)。
まわりの人、企業、市場、国、世界とさまざまなものごとについて、どういう影響を与えたいのか、また、どういう影響を受けるのか、というのを調べ考えないと
世の中の仕組みがわかんないと、働きかけ方がわかんないですね。なので経済のことを知ることも必要。

経営学は、何か実現したいことがある人はみんな学ぶとよいかと思います。
趣味でも仕事でも。

特に仕事は、平社員で指示に従って動いているうちはいいのですが、管理職になったら部・課・グループなどの単位のトップになるので、経営の知識って必要だなと思います。小さくてもトップはトップ。

お仕事できるひとは、「経営学」として学んでなくても、どっかでこういう考え方を見につけたんだろうなと思います。本や人や仕事通して。
私は身についてないので今やっと学びはじめたばかり。がんばりましょう。

3行まとめは今回はなしで印象に残った言葉を3つ

・経験したことから、結果(上手くいった/失敗した)が何でそうなったのか、を調べる。
・何かを作った/売る/勧めるときは、相手になぜこれを作った/売る/勧めるのかを説明できるように。
・大企業は専門家がいっぱいいるので強いけど、末端までトップの意志を伝えるのが大変。

豆知識

商「あきなう」は、昔の読みは「あく」だった。
農耕社会で生産に携わらずに、取引だけで儲けるのは、悪いことだと思われてた。
日本人のベースにはこれがあるので、働くというのは、汗水たらしてなんぼ、という認識がある。